麻生区町会連合会について

麻生区町会連合会は、昭和57年に麻生区が誕生したと同時に発足しました。発足当時、71の町会・自治会が加入し、柿生地区と麻生東地区に分かれて活動をしてきましたが、平成元年5月に両地区が統合し、新たな「麻生区町会連合会」として発足しました。
平成25年6月現在、106の町会・自治会によって構成され、区民の連帯意識を高め、安全で安心して暮らせるまちづくりを目指して、各町会・自治会相互の情報交換、行政や関係団体との連絡調整、研修会の開催など町会・自治会の円滑な運営の推進や区・市政が抱える課題解決に取り組んでいます。
麻生区町会連合会は、市からの補助金や町会・自治会からの会費などにより運営されています。

歴代会長

就任年月 氏 名 町会・自治会名
昭和57年7月
~昭和59年5月
石井 伊三郎 早野町内会
昭和59年5月
~平成元年5月
箕輪 芳雄 細山町会
平成元年5月
~平成19年5月
中島 豪一 万福寺町内会
平成19年5月
~平成25年5月
飯塚 馨 栗木町内会
平成25年5月
~平成27年5月
髙瀨 隆雄 早野町内会
平成27年5月~ 中島 泰己 万福寺町内会