有楽自治会

会長 関根 秀勝 (当時)

 有楽自治会は、昭和43年12月に佐賀県唐津市出身の学生寮「久敬社塾」(千代ヶ丘2丁目)にて。塾監を会長とした委員会が結成され、昭和53年に有楽土地(株)から有楽会館建設用地として土地の提供をいただき、昭和53年1月に現在の有楽自治会館(千代ヶ丘5丁目)の落成となり、自治会の組織的な活動が始まりました。
当地域は、新百合ケ丘駅北口から世田谷通りを渡り、新百合山手通りを抜けた先、千代ヶ丘1丁目から5丁目の麻生区の中でも利便性が高く、また住環境の良い地域にあります。
当地域の環境を維持し「住み良い街づくり」のために、自治組織として「有楽自治会」が結成されており、多くの住民の自主的な参加と支援によって運営されています。その母体となる組織は、会長と副会長の3名の他、書記、会計、広報、環境、厚生、監査役各2名の6部門、計16名で編成され自治運営を執行しています。また、地域を72の区域に分けてブロック委員を指名し、会員と役員のパイプ役として月1回の定例委員会を開催し情報の共有、各種の機会教育を通じて意思の疎通を図っています。
地域内は戸建住宅が中心で、全世帯数は約2,200世帯、内自治会加入世帯数は1,230世帯(加入率約56%)で年間の入退会員の変動は50~80件。この内集合住宅居住者の件数が90%強を占める現状です。
集合住宅居住者の入会減少や戸建住宅居住者の高齢化に伴う退会者増は自治会としての大きな悩みであり、現況を加味した対応策が今後の検討課題の一つでもあります。
さて、自治会の行事として毎年10月の第3日曜日に行われる盛大な「有楽子供曳山まつり」があります。この地に根を下ろした、首都圏に通う唐津出身の学生寮久敬社塾が、昭和41年に郷土の「唐津くんち」を偲び、学生たちにより「千代ヶ丘祭」が始まりました。その後、昭和52年に地域の「有楽子供祭り」が「千代ヶ丘祭」と合流し「有楽子供曳山まつり」となり、今日を迎えています。平成18年からは久敬社塾のグラウンドを開放していただき、いまや自治会の伝統ある秋祭りと発展し、今年で47回目を迎えます。
また、夏には千代ヶ丘小学校校庭で行われる近隣の町会と共に「八町会合同盆踊り大会」を開催、これは地域の活性化、並びに周辺町会との情報交換の場になっています。他には、当自治区にある千代ヶ丘子供文化センターの夏祭り(8月)、正月遊び(1月)等への参加と支援。並びに地域の子供たちが通う金程中学校、千代ヶ丘小学校等の各種学校行事への参加等、地域密着型の行事を中心に活動を進めています。
自主防犯組織では、青色防犯パトロール隊を中心に月4回の定期巡回を実施、また夜間パトロールは不定期に地域内の危険箇所や防犯灯(381灯)の点検等を行い、安全安心な街づくりの一翼を担っています。
また「自主防犯パトロール組織の結成、青パトの活用等、地域住民に対する自主防犯思想の意識高揚に貢献した」として、平成24年度防犯功労賞を受賞しました。
7月には、自主防災組織による巨大災害への備え意識が高まる中、近隣5町会(千代ヶ丘小学校区)による避難所運営訓練を麻生消防署、区の危機管理担当の支援を受け、住民体験型の訓練を実施。当自治会は自主防で指定した一時避難所(3ヶ所)からの避難経路の確認訓練を行い、125名が参加、災害に対する住民の意識の高さが確認できました。
最後に「自由に物が言える」自治会です。地区委員の任期は1年、役員は2年なので閉鎖性、排他性は無く、全員がボランティアで自主活動は民主的に行われています。

yuraku2
防災訓練
yuraku1
有楽こども曳山祭り

●年間予定表を見る

(2012年11月号から)